【 #注目の新書 】二十二社 朝廷が定めた格式ある神社22

[内容]

二十二社とは、天変地異が起きたとき国(朝廷)が神前に供物(幣帛)を捧げた22の第一級神社で、平安時代後期1039年、後朱雀天皇が定めた神社の格式制度である。
Amazonで詳細を見る

*画像はAmazonへのリンクです

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です