【地理】国名当て問題 どこの国のことでしょうか【テスト】

【第1問】 タスマニア

【第2問】 サンタフェ

【第3問】 アトランタ

答えはこの先————————————-▶一般教養問題ブログ
国語・算数・理科・社会・時事などの問題を出題するクイズブログです


ライブ! 現代社会2018

【こたえ】

1 オーストラリア

2 アルゼンチン

3 アメリカ

【法律】民法【穴埋問題】

法律穴埋問題 「●」に入る言葉は?


「1」第百二十六条 取消権は、追認をすることができる時から五年間行使しないときは、時効によって消滅する。行為の時から●●年を経過したときも、同様とする。

「2」第百二十七条 停止条件付法律行為は、停止条件が●●した時からその効力を生ずる。

「3」2 解除条件付法律行為は、解除条件が●●した時からその効力を失う。

答えはこの先————————————-▶一般教養問題ブログ
国語・算数・理科・社会・時事などの問題を出題するクイズブログです

一般教養問題の本を探すamazon

▼答え▼
1 二十  2 成就  3 成就

———-2018年現在

【地理】国名当て問題 どこの国のことでしょうか【テスト】

【第1問】 ペナン島

【第2問】 サンクトペテルブルク

【第3問】 ローザンヌ

答えはこの先————————————-▶一般教養問題ブログ
国語・算数・理科・社会・時事などの問題を出題するクイズブログです


ライブ! 現代社会2018

【こたえ】

1 マレーシア

2 ロシア

3 スイス

【法律】民法【穴埋問題】

法律穴埋問題 「●」に入る言葉は?


「1」第百二十四条 追認は、取消しの原因となっていた状況が●●した後にしなければ、その効力を生じない。
2 成年被後見人は、行為能力者となった後にその行為を了知したときは、その了知をした後でなければ、追認をすることができない。

「2」第百二十五条 前条の規定により追認をすることができる時以後に、取り消すことができる行為について次に掲げる事実があったときは、追認をしたものとみなす。ただし、異議をとどめたときは、この限りでない。
一 全部又は一部の履行
二 ●●の請求

「3」三 更改
四 ●●の供与
五 取り消すことができる行為によって取得した権利の全部又は一部の譲渡
六 強制執行

答えはこの先————————————-▶一般教養問題ブログ
国語・算数・理科・社会・時事などの問題を出題するクイズブログです

一般教養問題の本を探すamazon

▼答え▼
1 消滅  2 履行  3 担保

———-2018年現在