Category Archives: 名作文学

#羅生門 #芥川龍之介 【日本の名作文学】

「羅生門」

 

作:芥川龍之介

 

ある日の暮方の事である。一人の下人が、羅生門の下で雨やみを待っていた。

広い門の下には、この男のほかに誰もいない。ただ、所々丹塗の剥げた、大きな

円柱に、蟋蟀が一匹とまっている。

 

(略)

老婆はつぶやくような、うめくような声を立てながら、まだ燃えている火の光をたよ

りに、梯子の口まで、這って行った。そうして、そこから、短い白髪を倒にして、門

の下を覗きこんだ。外には、ただ、黒洞々たる夜があるばかりである。

下人の行方は、誰も知らない。

 

全部読む ) 青空文庫

作者説明 ) ウィキペディア

作品説明 ) ウィキペディア

#渋江抽斎 #森鴎外 【日本の名作文学】

「渋江抽斎」

作:森鴎外

三十七年如一瞬。学医伝業薄才伸。栄枯窮達任天命。安楽換銭不患貧。

これは渋江抽斎の述志の詩である。想うに天保十二年の暮に作ったものであろう。

弘前の城主津軽順承の定府の医官で、当時近習詰になっていた。しかし隠居附に

せられて、主に柳島にあった信順の館へ出仕することになっていた。

(略)

下渋谷の家は脩の子終吉さんを当主としている。終吉は図案家で、大正三年に津田

青楓さんの門人になった。大正五年に二十八歳である。終吉には二人の弟がある。

前年に明治薬学校の業を終えた忠三さんが二十一歳、末男さんが十五歳である。こ

の三人の生母福島氏おさださんは静岡にいる。牛込のお松さんと同齢で、四十八歳

である。

全部読む ) 青空文庫

作者説明 ) ウィキペディア

作品説明 ) ウィキペディア

日本の名作文学

名作文学

日本の名作文学作品まとめ

芥川龍之介 記事 禅智内供の鼻と云えば、池の尾で知らない者はない・・・
芥川龍之介 羅生門 記事 ある日の暮方の事である・・・
芥川龍之介 地獄變 記事 堀川の大殿樣のやうな方は、これまでは固より、後の世には・・・
芥川龍之介 藪の中 記事 検非違使に問われたる木樵りの物語・・・
芥川龍之介 河童 記事 これはある精神病院の患者・・・
有島武郎 カインの末裔 記事 長い影を地にひいて・・・
尾崎紅葉 金色夜叉 記事 未だ宵ながら松立てる門は一様に鎖籠めて・・・
梶井基次郎 闇の絵巻 記事 最近東京を騒がした有名な強盗が捕まって・・・
鴨長明 方丈記 記事 行く川のながれは絶えずして・・・
菊池寛 恩讐の彼方に 記事 市九郎は、主人の切り込んで来る太刀を・・・
島崎藤村 新生 記事 「岸本君――僕は僕の近来の生活と思想の断片を君に書いて送ろうと思う・・・
島崎藤村 夜明け前 記事 木曾路はすべて山の中である・・・
幸田露伴 五重塔 記事 木理美しき槻胴、縁にはわざと赤樫を用ひたる岩畳・・・
太宰治 走れメロス 記事 メロスは激怒した。必ず、かの邪智暴虐の王を除かなければならぬと決意した・・・
太宰治 人間失格 記事 私は、その男の写真を三葉、見たことがある・・・
太宰治 津軽 記事 或るとしの春、私は、生れてはじめて本州北端、津軽半島を・・・
樋口一葉 にごりえ 記事 おい木村さん信さん寄つてお出よ・・・
二葉亭四迷 あいびき 記事 秋九月中旬というころ・・・
堀辰夫 聖家族 記事 死があたかも一つの季節を開いたかのようだった・・・
堀辰夫 美しい村 記事 御無沙汰をいたしました。今月の初めから僕は当地に滞在しております・・・
宮沢賢治 雨ニモマケズ 記事 雨ニモマケズ 風ニモマケズ・・・
宮沢賢治 銀河鉄道の夜 記事 「ではみなさんは、そういうふうに川だと云われ・・・
森鴎外 山椒大夫 記事 越後の春日を経て今津へ出る道を・・・
森鴎外 記事 古い話である。僕は偶然それが明治十三年の出来事だと云う・・・
森鴎外 高瀬舟 記事 高瀬舟は京都の高瀬川を上下する小舟である・・・
森鴎外 山椒大夫 記事 越後の春日を経て今津へ出る道を・・・

そのほか

桜の樹の下には 梶井基次郎

桜の樹の下には

作:梶井基次郎

桜の樹の下には屍体が埋まっている!
 これは信じていいことなんだよ。何故って、桜の花があんなにも見事に咲くなんて信じられないことじゃないか。俺はあの美しさが信じられないので、この二三日不安だった。しかしいま、やっとわかるときが来た。桜の樹の下には屍体が埋まっている。これは信じていいことだ。

(略)

 ああ、桜の樹の下には屍体が埋まっている!
 いったいどこから浮かんで来た空想かさっぱり見当のつかない屍体が、いまはまるで桜の樹と一つになって、どんなに頭を振っても離れてゆこうとはしない。
 今こそ俺は、あの桜の樹の下で酒宴をひらいている村人たちと同じ権利で、花見の酒が呑めそうな気がする。

LINK:

全部読む ) 青空文庫

作者説明 ) ウィキペディア

作品説明 ) ウィキペディア

春琴抄 谷崎潤一郎

「春琴抄」
作:谷崎潤一郎

春琴、ほんとうの名は鵙屋琴、大阪道修町の薬種商の生れで歿年は明治十九年十月十四日、墓は市内下寺町の浄土宗の某寺にある。せんだって通りかかりにお墓参りをする気になり立ち寄って案内を乞うと「鵙屋さんの墓所はこちらでございます」といって寺男が本堂のうしろの方へ連れて行った。見るとひと叢の椿の木かげに鵙屋家代々の墓が数基ならんでいるのであったが琴女の墓らしいものはそのあたりには見あたらなかった。

(略)

人は記憶を失わぬ限り故人を夢に見ることが出来るが生きている相手を夢でのみ見ていた佐助のような場合にはいつ死別れたともはっきりした時は指せないかも知れない。ちなみに云う春琴と佐助との間には前記の外に二男一女があり女児は分娩後に死し男児は二人共赤子の時に河内の農家へ貰われたが春琴の死後も遺形見には未練がないらしく取り戻そうともしなかったし子供も盲人の実父の許へ帰るのを嫌った。かくて佐助は晩年に及び嗣子も妻妾もなく門弟達に看護されつつ明治四十年十月十四日光誉春琴恵照禅定尼の祥月命日に八十三歳と云う高齢で死んだ察する所二十一年も孤独で生きていた間に在りし日の春琴とは全く違った春琴を作り上げいよいよ鮮かにその姿を見ていたであろう佐助が自ら眼を突いた話を天竜寺の峩山和尚が聞いて、転瞬の間に内外を断じ醜を美に回した禅機を賞し達人の所為に庶幾しと云ったと云うが読者諸賢は首肯せらるるや否や

 

全部読む ) 青空文庫

作者説明 ) ウィキペディア

作品説明 ) ウィキペディア