Category Archives: 民法

【法律】民法【穴埋問題】

法律穴埋問題 「●」に入る言葉は?


「1」第四百七十五条 弁済をした者が弁済として他人の物を引き渡したときは、その弁済をした者は、●●●●な弁済をしなければ、その物を取り戻すことができない。

「2」第四百七十六条 譲渡につき行為能力の制限を受けた所有者が弁済として物の引渡しをした場合において、その弁済を取り消したときは、その所有者は、●●●●な弁済をしなければ、その物を取り戻すことができない。

「3」第四百八十条 ●●●書の持参人は、弁済を受領する権限があるものとみなす。ただし、弁済をした者がその権限がないことを知っていたとき、又は過失によって知らなかったときは、この限りでない。

答えはこの先————————————-▶一般教養問題ブログ
国語・算数・理科・社会・時事などの問題を出題するクイズブログです

▼答え▼
1 更に有効  2 更に有効  3 受取証

———-2018年現在

【法律】民法【穴埋問題】

法律穴埋問題 「●」に入る言葉は?

「1」第四百六十九条 指図債権の譲渡は、その証書に譲渡の●●をして譲受人に交付しなければ、債務者その他の第三者に対抗することができない。

「2」第四百七十四条 債務の弁済は、第三者もすることができる。ただし、その債務の性質がこれを許さないとき、又は当事者が●●の意思を表示したときは、この限りでない。

「3」2 利害関係を有しない●●●は、債務者の意思に反して弁済をすることができない。

答えはこの先————————————-一般教養問題ブログ
国語・算数・理科・社会・時事などの問題を出題するクイズブログです

▼答え▼
1 裏書  2 反対  3 第三者

———-2018年現在

【法律】民法【穴埋問題】

法律穴埋問題 「●」に入る言葉は?

「1」第四百六十六条 ●●は、譲り渡すことができる。ただし、その性質がこれを許さないときは、この限りでない。

「2」第四百六十七条 指名債権の譲渡は、譲渡人が債務者に通知をし、又は債務者が●●をしなければ、債務者その他の第三者に対抗することができない。

「3」2 譲渡人が譲渡の通知をしたにとどまるときは、債務者は、その通知を受けるまでに譲渡人に対して生じた事由をもって●●●に対抗することができる。

答えはこの先————————————-一般教養問題ブログ
国語・算数・理科・社会・時事などの問題を出題するクイズブログです

▼答え▼
1 債権  2 承諾  3 譲受人

———-2018年現在

【法律】民法【穴埋問題】

法律穴埋問題 「●」に入る言葉は?


「1」第四百四十六条 保証人は、主たる●●●がその債務を履行しないときに、その履行をする責任を負う。

「2」第四百四十七条 保証債務は、主たる債務に関する利息、違約金、●●●●その他その債務に従たるすべてのものを包含する。

「3」2 保証人は、その保証債務についてのみ、違約金又は●●●●の額を約定することができる。

答えはこの先————————————-▶一般教養問題ブログ
国語・算数・理科・社会・時事などの問題を出題するクイズブログです

▼答え▼
1 債務者  2 損害賠償  3 損害賠償

———-2018年現在

【法律】民法【穴埋問題】

法律穴埋問題 「●」に入る言葉は?


「1」第四百三十八条 連帯債務者の一人と債権者との間に●●があったときは、その連帯債務者は、弁済をしたものとみなす。

「2」第四百四十二条 連帯債務者の一人が弁済をし、その他自己の財産をもって共同の免責を得たときは、その連帯債務者は、他の連帯債務者に対し、各自の負担部分について●●権を有する。

「3」第四百四十五条 連帯債務者の一人が連帯の免除を得た場合において、他の連帯債務者の中に●●をする資力のない者があるときは、債権者は、その資力のない者が弁済をすることができない部分のうち連帯の免除を得た者が負担すべき部分を負担する。

答えはこの先————————————-▶一般教養問題ブログ
国語・算数・理科・社会・時事などの問題を出題するクイズブログです

▼答え▼
1 混同  2 求償  3 弁済

———-2018年現在