#河童 #芥川龍之介 【日本の名作文学】

「河童」
作:芥川龍之介

 

これはある精神病院の患者、――第二十三号がだれにでもしゃべる話である。
彼はもう三十を越しているであろう。が、一見したところはいかにも若々しい
狂人である。

 

(略)

 

あの河童は職を失った後、ほんとうに発狂してしまいました。なんでも今は河
童の国の精神病院にいるということです。僕はS博士さえ承知してくれれば、
見舞いにいってやりたいのですがね……。

 

全部読む ) 青空文庫

作者説明 ) ウィキペディア

作品説明 ) ウィキペディア

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です