Category Archives: 民法

【法律】民法【穴埋問題】

法律穴埋問題 「●」に入る言葉は?


「1」第四百三十五条 連帯債務者の一人と債権者との間に●●があったときは、債権は、すべての連帯債務者の利益のために消滅する。

「2」第四百三十六条 連帯債務者の一人が債権者に対して債権を有する場合において、その連帯債務者が●●を援用したときは、債権は、すべての連帯債務者の利益のために消滅する。

「3」第四百三十七条 連帯債務者の一人に対してした債務の●●は、その連帯債務者の負担部分についてのみ、他の連帯債務者の利益のためにも、その効力を生ずる。

答えはこの先————————————-▶一般教養問題ブログ
国語・算数・理科・社会・時事などの問題を出題するクイズブログです

▼答え▼
1 更改  2 相殺  3 免除

———-2018年現在

【法律】民法【穴埋問題】

法律穴埋問題 「●」に入る言葉は?


「1」第四百二十九条 不可分債権者の一人と債務者との間に更改又は免除があった場合においても、他の不可分債権者は、債務の全部の履行を請求することができる。この場合においては、その一人の不可分債権者がその権利を失わなければ分与される利益を債務者に●●しなければならない。

「2」第四百三十一条 不可分債権が可分債権となったときは、各債権者は自己が権利を有する部分についてのみ履行を請求することができ、不可分債務が可分債務となったときは、各債務者はその●●●●についてのみ履行の責任を負う。

「3」第四百三十二条 数人が連帯債務を負担するときは、債権者は、その連帯債務者の一人に対し、又は同時に若しくは順次にすべての連帯債務者に対し、●●●●●●の履行を請求することができる。

答えはこの先————————————-▶一般教養問題ブログ
国語・算数・理科・社会・時事などの問題を出題するクイズブログです

▼答え▼
1 償還  2 負担部分  3 全部又は一部

———-2018年現在

【法律】民法【穴埋問題】

法律穴埋問題 「●」に入る言葉は?


「1」第四百二十四条 債権者は、債務者が債権者を害することを知ってした法律行為の取消しを裁判所に請求することができる。ただし、その行為によって利益を受けた者又は●●者がその行為又は転得の時において債権者を害すべき事実を知らなかったときは、この限りでない。

「2」第四百二十七条 数人の債権者又は債務者がある場合において、別段の意思表示がないときは、各債権者又は各債務者は、それぞれ等しい割合で権利を有し、又は●●●●●。

「3」第四百二十八条 債権の目的がその性質上又は当事者の意思表示によって不可分である場合において、数人の債権者があるときは、各債権者はすべての債権者のために履行を請求し、債務者はすべての債権者のために●●●●に対して履行をすることができる。

答えはこの先————————————-▶一般教養問題ブログ
国語・算数・理科・社会・時事などの問題を出題するクイズブログです

▼答え▼
1 転得  2 義務を負う  3 各債権者

———-2018年現在

【法律】民法【穴埋問題】

法律穴埋問題 「●」に入る言葉は?


「1」第四百二十二条 債権者が、損害賠償として、その債権の目的である物又は権利の価額の全部の支払を受けたときは、債務者は、その物又は権利について当然に債権者に●●する。

「2」第四百二十三条 債権者は、自己の債権を保全するため、債務者に属する権利を行使することができる。ただし、債務者の●●●●●する権利は、この限りでない。

「3」
2 債権者は、その債権の期限が到来しない間は、裁判上の代位によらなければ、前項の権利を行使することができない。ただし、●●行為は、この限りでない。

答えはこの先————————————-▶一般教養問題ブログ
国語・算数・理科・社会・時事などの問題を出題するクイズブログです

▼答え▼
1 代位  2 一身に専属  3 保存

———-2018年現在

【法律】民法【穴埋問題】

法律穴埋問題 「●」に入る言葉は?


「1」第四百十九条 金銭の給付を目的とする債務の不履行については、その損害賠償の額は、法定利率によって定める。ただし、約定利率が法定利率を超えるときは、●●利率による。

「2」第四百二十条 当事者は、債務の不履行について損害賠償の額を予定することができる。この場合において、裁判所は、その額を増減することが●●●●。

「3」3 ●●金は、賠償額の予定と推定する。

答えはこの先————————————-▶一般教養問題ブログ
国語・算数・理科・社会・時事などの問題を出題するクイズブログです

▼答え▼
1 約定  2 できない  3 違約

———-2018年現在