Category Archives: 日本国憲法

【 #法律 】日本国憲法

法律穴埋問題 「●」に入る言葉は?


「1」第五十四条 衆議院が解散されたときは、解散の日から四十日以内に、衆議院議員の総選挙を行ひ、その選挙の日から三十日以内に、国会を召集しなければならない。
2 衆議院が解散されたときは、参議院は、同時に閉会となる。但し、内閣は、国に緊急の必要があるときは、参議院の●●●会を求めることができる。
3 前項但書の●●●会において採られた措置は、臨時のものであつて、次の国会開会の後十日以内に、衆議院の同意がない場合には、その効力を失ふ。

「2」第五十五条 両議院は、各々その議員の資格に関する争訟を裁判する。但し、議員の議席を失はせるには、出席議員の三分の●以上の多数による議決を必要とする。

「3」第五十六条 両議院は、各々その総議員の三分の●以上の出席がなければ、議事を開き議決することができない。
2 両議院の議事は、この憲法に特別の定のある場合を除いては、出席議員の過半数でこれを決し、可否同数のときは、議長の決するところによる。
答えはこの先————————————-▶一般教養問題ブログ
国語・算数・理科・社会・時事などの問題を出題するクイズブログです

Continue reading

【 #法律 】日本国憲法

法律穴埋問題 「●」に入る言葉は?


「1」第四十五条 衆議院議員の任期は、●年とする。但し、衆議院解散の場合には、その期間満了前に終了する。

「2」第四十六条 参議院議員の任期は、六年とし、●年ごとに議員の半数を改選する。

「3」第四十七条 選挙区、投票の方法その他両議院の議員の選挙に関する事項は、法律でこれを定める。
第四十八条 何人も、同時に両議院の議員たることはできない。
第四十九条 両議院の議員は、法律の定めるところにより、●●から相当額の歳費を受ける。

答えはこの先————————————-▶一般教養問題ブログ
国語・算数・理科・社会・時事などの問題を出題するクイズブログです

Continue reading

【 #法律 】日本国憲法

法律穴埋問題 「●」に入る言葉は?


「1」第四十一条 国会は、国権の最高機関であつて、国の唯一の●●機関である。

「2」第四十二条 国会は、衆議院及び参議院の両議院でこれを構成する。
第四十三条 両議院は、●●●を代表する選挙された議員でこれを組織する。
2 両議院の議員の定数は、法律でこれを定める。

「3」第四十四条 両議院の議員及びその選挙人の資格は、法律でこれを定める。但し、●●、信条、性別、社会的身分、門地、教育、財産又は収入によつて差別してはならない
答えはこの先————————————-▶一般教養問題ブログ
国語・算数・理科・社会・時事などの問題を出題するクイズブログです

Continue reading

【法律】日本国憲法

法律穴埋問題 「●」に入る言葉は?


「1」第三十七条 すべて刑事事件においては、被告人は、●●な裁判所の迅速な公開裁判を受ける権利を有する。
2 刑事被告人は、すべての証人に対して審問する機会を充分に与へられ、又、公費で自己のために強制的手続により証人を求める権利を有する。
3 刑事被告人は、いかなる場合にも、資格を有する弁護人を依頼することができる。被告人が自らこれを依頼することができないときは、国でこれを附する。

「2」第三十八条 何人も、自己に不利益な供述を強要されない。
2 強制、拷問若しくは●●による自白又は不当に長く抑留若しくは拘禁された後の自白は、これを証拠とすることができない。
3 何人も、自己に不利益な唯一の証拠が本人の自白である場合には、有罪とされ、又は刑罰を科せられない。

「3」第三十九条 何人も、実行の時に適法であつた行為又は既に無罪とされた行為については、刑事上の責任を問はれない。又、同一の犯罪について、重ねて刑事上の責任を問はれない。
第四十条 何人も、抑留又は拘禁された後、無罪の裁判を受けたときは、法律の定めるところにより、国にその●●を求めることができる。
答えはこの先————————————-▶一般教養問題ブログ
国語・算数・理科・社会・時事などの問題を出題するクイズブログです

Continue reading

【 #法律 】日本国憲法

法律穴埋問題 「●」に入る言葉は?


「1」第三十三条 何人も、●●●として逮捕される場合を除いては、権限を有する司法官憲が発し、且つ理由となつてゐる犯罪を明示する令状によらなければ、逮捕されない。

「2」第三十四条 何人も、理由を直ちに告げられ、且つ、直ちに弁護人に依頼する権利を与へられなければ、抑留又は拘禁されない。又、何人も、正当な理由がなければ、拘禁されず、要求があれば、その理由は、直ちに本人及びその弁護人の出席する●●の法廷で示されなければならない。

「3」第三十五条 何人も、その住居、書類及び所持品について、侵入、捜索及び押収を受けることのない権利は、第三十三条の場合を除いては、正当な理由に基いて発せられ、且つ捜索する場所及び押収する物を明示する令状がなければ、侵されない。
2 捜索又は押収は、権限を有する司法官憲が発する各別の令状により、これを行ふ。
第三十六条 公務員による●●及び残虐な刑罰は、絶対にこれを禁ずる。
答えはこの先————————————-▶一般教養問題ブログ
国語・算数・理科・社会・時事などの問題を出題するクイズブログです

Continue reading