銀河鉄道の夜 宮沢賢治

「銀河鉄道の夜」
作:宮沢賢治

 

「ではみなさんは、そういうふうに川だと云われたり、乳の流れたあとだと
云われたりしていたこのぼんやりと白いものがほんとうは何かご承知ですか
。」先生は、黒板に吊した大きな黒い星座の図の、上から下へ白くけぶった
銀河帯のようなところを指しながら、みんなに問をかけました。

 

(略)

 

ジョバンニはもういろいろなことで胸がいっぱいでなんにも云えずに博士の
前をはなれて早くお母さんに牛乳を持って行ってお父さんの帰ることを知ら
せようと思うともう一目散に河原を街の方へ走りました。

 

全部読む ) 青空文庫

作者説明 ) ウィキペディア

作品説明 ) ウィキペディア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です