あいびき 二葉亭四迷

「あいびき」
作:二葉亭四迷

 

秋九月中旬というころ、一日自分がさる樺の林の中に座していたことがあッた。
今朝から小雨が降りそそぎ、その晴れ間にはおりおり生ま煖かな日かげも射し
て、まことに気まぐれな空ら合い。

 

(略)

 

自分は帰宅した、が可哀そうと思ッた「アクーリナ」の姿は久しく眼前にちら
ついて、忘れかねた。持帰ッた花の束ねは、からびたままで、なおいまだに秘
蔵してある………………

 

全部読む ) 青空文庫

作者説明 ) ウィキペディア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です