日本の名作文学 【国語】

名作文学

日本の名作文学作品まとめ

芥川龍之介 記事 禅智内供の鼻と云えば、池の尾で知らない者はない・・・
芥川龍之介 羅生門 記事 ある日の暮方の事である・・・
芥川龍之介 地獄變 記事 堀川の大殿樣のやうな方は、これまでは固より、後の世には・・・
芥川龍之介 藪の中 記事 検非違使に問われたる木樵りの物語・・・
芥川龍之介 河童 記事 これはある精神病院の患者・・・
有島武郎 カインの末裔 記事 長い影を地にひいて・・・
尾崎紅葉 金色夜叉 記事 未だ宵ながら松立てる門は一様に鎖籠めて・・・
梶井基次郎 闇の絵巻 記事 最近東京を騒がした有名な強盗が捕まって・・・
鴨長明 方丈記 記事 行く川のながれは絶えずして・・・
菊池寛 恩讐の彼方に 記事 市九郎は、主人の切り込んで来る太刀を・・・
島崎藤村 新生 記事 「岸本君――僕は僕の近来の生活と思想の断片を君に書いて送ろうと思う・・・
島崎藤村 夜明け前 記事 木曾路はすべて山の中である・・・
幸田露伴 五重塔 記事 木理美しき槻胴、縁にはわざと赤樫を用ひたる岩畳・・・
太宰治 走れメロス 記事 メロスは激怒した。必ず、かの邪智暴虐の王を除かなければならぬと決意した・・・
太宰治 人間失格 記事 私は、その男の写真を三葉、見たことがある・・・
太宰治 津軽 記事 或るとしの春、私は、生れてはじめて本州北端、津軽半島を・・・
樋口一葉 にごりえ 記事 おい木村さん信さん寄つてお出よ・・・
二葉亭四迷 あいびき 記事 秋九月中旬というころ・・・
堀辰夫 聖家族 記事 死があたかも一つの季節を開いたかのようだった・・・
堀辰夫 美しい村 記事 御無沙汰をいたしました。今月の初めから僕は当地に滞在しております・・・
宮沢賢治 雨ニモマケズ 記事 雨ニモマケズ 風ニモマケズ・・・
宮沢賢治 銀河鉄道の夜 記事 「ではみなさんは、そういうふうに川だと云われ・・・
森鴎外 山椒大夫 記事 越後の春日を経て今津へ出る道を・・・
森鴎外 記事 古い話である。僕は偶然それが明治十三年の出来事だと云う・・・
森鴎外 高瀬舟 記事 高瀬舟は京都の高瀬川を上下する小舟である・・・
森鴎外 山椒大夫 記事 越後の春日を経て今津へ出る道を・・・

そのほか

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です